LINE公式アカウントをもっと活用するツール『+DIRECT(プラスダイレクト)』のご案内

地域への情報発信のツールとしてLINE公式アカウントを利用している自治体様!

せっかく増やした登録数が、プッシュ通知の度に減っていく、、、という経験をされたことはありませんか??

今や、日常生活に欠かせないツールとなったLINEですが、スマホへの登録数が増えると過剰な通知がうっとおしくなるのがユーザー心理です。

今回は、そんな状況を改善する、自治体の状況に合わせて、よりマッチした内容で運用できるツール『+DIRECT』をご紹介いたします!

『+DIRECT』は、自社のLINE公式アカウントに紐づけて使用するユーザーを適切にセグメントするためのツールです。

 

ユーザーがLINE登録をする際に、リッチメニューからアンケートページへ移動。

アンケートへの回答内容によってユーザーをセグメントに分けてデータベースへ登録します。

ユーザー自身がアンケートで回答した必要な情報、知りたいジャンルをもとに登録しますので、必要な人に必要な情報が配信されるようになり、メッセージ配信がより効果的になります。

 

 

また、作業工程が多くなるため、複数の利用者が同時にログインできる管理システムを提供します。

自治体公式アカウントの有用性を高める機能として、危機管理広報やごみ分別、窓口混雑状況の案内など対象者にあわせてメッセージの中に差込配信をおこなう機能があります。

共通した本文の中に地域別など対象別に分けた案内を差し込み配信する機能です。

 

 

『+DIRECT』の申込書受理後、LINE公式アカウントと連携する『+DIRECT』アカウントを発行いたします。
アカウントの構築・管理に関しては、福智町と当社の間で締結される業務委託契約に準じて、導入支援と運用サポート・コンサルティング業務を当社が対応いたします

 

いかがでしょうか?

新型コロウィルスの蔓延に伴う、緊急広報の機会も増えてくることが予想されます。

住民の皆様のより安全・安心な生活を支援するツールとして、ぜひご導入をご検討ください。

 

 

 

冊子に関するご相談・お問合せはコチラから
ページトップ お問合せ