ふくおかの地魚まつり夏魚

夏のはじまりを感じさせる今しか味わえない希少な魚

エツはカタクチイワシ科に分類される魚の一種で、日本では筑後川周辺でしかとれないとされる希少な魚だ。
その昔、弘法大師が川を渡る船に乗せてもらったお礼として、川岸に生えていた葦(ヨシ)の葉をちぎって川に投げ入れると、その葉がエツになった…という伝説がある。エツの形はまさに葦の葉のように薄く、刀のようにキラキラと輝く姿は神々しい。

普段は有明海に生息しているが、5月〜7月になると、産卵のために海水と淡水が混ざりあう汽水域(久留米市城島付近)まで遡上する。
そこで動物プランクトンを餌にしながら栄養を蓄え、産卵に向けて体が太る頃が一番美味しくなるという。脂がのった白身は、刺身、塩焼き、煮漬け、唐揚げ、南蛮漬け、姿寿司など多彩な料理となり、夏のはじまりを感じさせる旬の味覚を毎年楽しみに訪れる客は多い。

冊子に関するご相談・お問合せはコチラから
ページトップ お問合せ