ふくおかの地魚まつり春魚

自然の恵みに近いからこそもっと知って、もっと食べて福岡の水産業を応援しよう!

筑前海、豊前海、有明海…周囲を海に囲まれた福岡県は豊かな水産資源に恵まれている。
山から海へと流れ出る栄養分は多くの生き物を育む。
海が近いからこそ、鮮度も保たれ、いつでも新鮮な魚介が手に入る。
鯛、鰆、イカ、穴子、ハモ、ノリ、牡蠣、カニ、あさり、わかめ…年を通してたくさんの種類の魚介に恵まれ、そんな水産物を美味しく我々に提供してくれるのが、鮮度を高める技術を持った熟練の漁師たちであり、地元で獲れる魚のおいしい食べ方を知り尽くす腕のいい料理人たちだ。
だからこそ我々は、もっとその存在を知り、福岡県の美味しい水産物に関わる産業を応援したい。

福岡県ではこうした県産の水産物を広く消費者に知って食べてもらおうと、県産水産物を積極的に取り扱う飲食店や販売店を「ふくおかの地魚応援の店」として認定し、『ふくおかの魚フェア』というキャンペーンを展開している。
《シティ情報ふくおか》でも、これから来年3月まで連載で、『ふくおかの魚フェア』に参加している「ふくおかの地魚応援の店」や福岡の豊かな水産物を紹介していく。

第1回目の今回は、令和最初の号として、めでたい春の魚からはじめよう。

冊子に関するご相談・お問合せはコチラから
ページトップ お問合せ